歯並びが悪い私が矯正を決意した理由

歯並びが悪いとちょっと損をすることがあります。
たとえば、しゃべることにコンプレックスを抱いたり、
食べかすがたまりやすかったり、だから、初対面の人や
異性とかとは一緒に食事をしたくなかったりします。

 

 

矯正を考えたこともありましたが、やはり金額と時間が
かかるということで、先延ばしにしていました。

 

 

でも、ここにきて、矯正のことを強く思うようになった
のは、歯並びが悪くて、虫歯になったことと、さらに
食べかすが挟まったままになっていて、歯槽膿漏に
なりそうになったからです。

 

 

確かに見た目の歯並びも悪いですが、それは10代の
頃のコンプレックスに比べれば、だんだん年とともに
薄れてきてそれほどでもなくなってきました。

 

 

それに仕事は営業ではありませんから、あまり初対面の
人に会うことも大変少なくなってきました。

 

 

でも、虫歯歯槽膿漏というような体に害が及ぶような
ことになるとちょっとことが変わってきました。

 

 

やっぱり、このままではと思うようになってきたのです。
それで、どんな矯正があるのか調べているうちに技術の
進歩には驚きました。

 

 

マウスピース型の矯正装置や、さらにマウスピース型
でも最先端のインビザラインには驚かされました。

 

 

3Dの技術進歩を歯科矯正に適用するなんて、ちょっと
すごいと思いました。
なんか発想がアメリカらしいですが。

 

 

でも、なんか希望が持てますよね。
矯正していることが目立たないし、矯正期間も短くなる
し、夢のようです。

 

 

とはいっても、小さいうちの矯正ではないので、
それなりの苦労は今後あるみたいです。

 

 

でも、矯正歯科の先生に無料相談してみないとわかり
ませんが・・・。